Philinter(フィリンター)セブの語学学校情報・マクタン島

Philinter(フィリンター)

セブ・マクタン島にある語学学校 Philinter(フィリンター)の紹介です。
公式サイトの情報をまとめましたので、このページでフィリンターがわかるようになっています。

LINEで相談する

メールで相談する

フィリンターの特徴

フィリンターはフィリピンセブのマクタン島ラプラプ市(マクタン・セブ空港から10分以内)にある語学学校です。

韓国、日本、ベトナム、台湾、中国そしてタイといった英語が母国語ではない国の学生向けに、英語教育を提供しています。対象学生は、子供から(7~17歳)大学生、ビジネスマン、シニア世代の方まで多岐に渡っています。

2003年に開校した当校は、TESDA(Technical Education and Skills Development authority:フィリピン労働雇用技術教育技能教育庁)登録、入国管理局、証券取引委員会から認可を受けた学校です。さらに、ALTOの公式会員であり、イギリスのINTESOLによって委任を受けたINTESOLフィリピン支部、オーストラリアのIDPからも認可を受けています。

学生は1日最大9コマの授業を受講でき、各自の選択したコースに従って、4コマ/5コマのマンツーマン授業、そして4コマのグループ授業を受けることができます。

受講可能なコースは、General ESL, Intensive Power Speaking , Junior ESLコース, TOEIC, IELTS, ビジネス英語, TESOLコースなど様々な英語教育プログラムを運用されています。

フィリンターについて

フィリンターは2003年に設立された老舗の語学学校です。

マクタン国際空港から比較的近い立地にあります。

学校の近くには、ローカル向けのガイサノマクタンモールがあり、生活に必要なものは手に入ります。

また、空港方面に少し行きますとマクタンマリーナモールがあります。多くの飲食店や土産物店がありますので、セブシティに行かずとも多くをここで賄うことも可能です。

その向かいにはアイランドセントラルモールがあります。

アイランドセントラルモールマクタン island central mactan

フィリピンの超有名ファストフード店「ジョリビー」や、日本でもおなじみの「ダイソー」がテナントとして入っているので便利なこと間違いなしです。

フィリンターの国籍比率

フィリンターの定員数は150名です。
留学生のおよそ30%が日本人です。日本のハイイシーズンはもう少し日本人比率が高くなりますが、半数以上は多国籍の生徒さんになります。

フィリンターは「韓国資本」の学校ですが、意外と韓国人比率は高くなくおよそ10%程です。他は台湾・ベトナム、中国などのアジア諸国から来られている生徒さんが多いです。
多国籍な学生が多い学校なので、日本人が多くを占める語学学校でのフィリピン留学では得られることのない多様な文化を体験できるとともに、英語での会話・交流は非常に刺激的です。英語学習に対するイメージの刷新と、自分と英語との将来に対するイメージもガラリと変わるでしょう。

日本人比率はそれ程高くありませんが、日本人スタッフが常駐しているので安心して留学することができます。

フィリンターの学内の施設

フィリンターの敷地内はマンツーマン教室やグループ教室の他に、自習室、食堂、クリニックルームなどがあります。なるべく学習に集中してほしいという学校の思いから余計な施設がありません。

 

ですが唯一、校舎と寮の前には大きなプールがありますので授業後や休日に泳いでリフレッシュすることができますよ。

Philinter プール

LINEで相談する

メールで相談する

フィリンターの宿泊施設

フィリンターは内部寮と外部寮に分かれています。

内部寮は1~3人部屋まで。
外部寮は1人か2人部屋になります。

外部寮は学校から車で5分ほどの距離ですが、送迎がありますので安心して授業に出ることができます。

また、外部寮のみ冷蔵庫やキッチンが備え付けられています。

1人部屋以外のお部屋は、なるべく自国籍の生徒様が重ならないよう配慮がされています。

ですので、授業中は英語を使うけれども、授業が終わると周りは日本人だらけなので、ついつい日本語を使ってしまうという語学学校も多いのですが、フィリンターでは授業外でも英語使ってのコミュニケーションスキルを伸ばすことができます。

留学後のワーキングホリデーを予定されている方や、海外旅行を考えられている方に最適です。

内部寮

内部寮ロビー   内部寮2人部屋  内部寮3人部屋   洗面所

外部寮

外部寮の建物は2015年に建てられたものです。

1Fにはプールがあり、宿泊者は自由に使うことができます。

徒歩圏内にSAVE MOREという大型スーパーがあります。

お部屋の設備

ベッド、エアコン、温水シャワー、無線LAN、ウォーターサーバー、机&椅子など

フィリンターの食事

フィリンター カフェテリア

フィリンターではカフェテリアで朝食・昼食・夕食を毎日食べることができます。  

朝食はパン・おかゆ・フレッシュジュース・豆乳・牛乳・コーンフレークなど1日のスタートにふさわしいメニューが提供されます。

philinter ビュッフェ

昼食と夕食は日替わりで日本食・韓国食・洋食・フィリピン食など、各国の学生に合わせてインターナショナルフードが提供されます。

フィリンター 食事

土日・祝日を含め、3食すべて提供されるのもフィリンターの強みです。

食事の提供・掃除・洗濯・門限など

食事
 毎日(土日・祝日含む)3食が提供されます。

掃除
 週1~2回  (学校指定日)

洗濯
 週2回

門限
 月曜日〜木曜日・日曜日:22時
 金曜日、土曜日:0時

• 1次警告を受けた場合は、警告と学校の掲示板に掲示
• 2次警告を受けた場合は、警告・掲示板へ掲示の他、エージェントへ連絡
• 3次警告を受けた場合は、返金はなく退学(※翌日PM12:00までに退寮)

外出・外泊

• 平日授業がある時間帯は (月~金, 午前8時~午後5時)は外出禁止。ただし、病院治療・郵便局や銀行など業務関係で行く場合は、オフィスにあるGate Passを書いて許可をとれば外出可能。
• 外出するときは必ず、学校の正門を通り記録を付ける必要あり。その際、IDカードと部屋のカギをガードマンに預けてから外出します。
• 外泊は金曜日または祝日の前日から可能。外泊申請は金曜または祝日のPM5:00までにオフィスにて外泊申請書・外泊時必要書類の提出が必要。
• 平日の外泊は基本的に禁止だが、事情によっては可能。その際はマネージャーに相談し別途許可が必要。
• 学校規定に違反し無断で外泊や外出した場合は次の日のPM12:00までに退去しなければならない。※返金は一切なし

LINEで相談する

メールで相談する

フィリンターの講師陣

philinter 講師陣

講師陣のレベルは英語学校における最も重要なポイントです。当校の特長は、講師全員正社員ということです。 英語講師も定期的にTOEIC、IELTSテストを受けるので、学生以上に勉強するのが当校の講師です。 さらに講師は文法、会話、読解など専門の担当分野の授業だけ行いますので、講義技術も優れています。

フィリンターにはピークシーズンに関わらず、一定人数の講師が在籍しています。採用から9段階のフィリンター独自の採用基準をクリアした正規雇用の講師しか在籍していません。パートタイム講師を雇わないことで講師の質を維持しています。また、 採用後は約1~3か月かけてトレーニングを行い、そこで正式採用された講師のみが教壇に立っています。

担任制度

バディティーチャーシステム

フィリンターでは留学生のモチベーションを高め、留学生活に慣れるようにBUDDY TEACHER SYSTEMが採用されています。 学生1人当りBUDDY TEACHER (担任の先生)1人が付き添い、授業への適応から評価、生活、試験準備などあらゆる分野でケアするので、学生は安心して留学生活を送ることができます。

フィリンターのコース紹介

フィリンターでは次の6コースが用意されています。

・General ESL コース
・Intensive Power Speaking コース
・Junior ESL コース
・IELTS コース
・TOEIC コース
・Business コース

留学の目的に合わせてコースをお選びください。

どのコースを選んでいいのか迷っていらっしゃるかたは、お問い合わせからお気軽にご相談ください。

入学時のレベルチェックテスト
毎週月曜日の午前中に新入生を対象に実施されます。
レベルチェックテストはListening, Writing, Speaking, Reading, Grammar 5つの項目で行われます。
レベルテストの結果を元に新入生のレベルを決定し、学生別に授業のタイムスケジュールが決定されます。

留学期間が一週間の方は渡航前に、日本でオンラインレベルチェックテストが受講可能です。
オンラインテストを受けられた場合は、初日からレッスンを受けることが可能です。

※コース費用に加えて別途入学金¥15,000がかかります。

General ESL コース

一般ESL

General ESL コースは15歳以上(高校1年生以上)の全ての学生が受講可能であり、レベル試験結果(発音・語彙・文法 ・スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング )に 基づいてカスタマイズされたクラスです。
学生は101(初心者)から601(アドバンス)のレベルに分けられていて、一日に4つの個人クラス、4つのグループクラスを受講します。
4週間で個人レッスンが80時間、毎週計画に基づいた授業が行われます。
グループクラスではレベルに合った様々なレッスンを通して英語のスキルアップが可能です。
特別講義グループクラスではネイティブの教師、または専門講師が授業を行ないます。

こんな方におススメ!

  • 基礎から英語を学びたい方!
  • 英語力を満遍なく底上げしたい方!
  • 無理なく英語を学びたい方!

重要ポイント

  • 期間:1週間以上
  • 入学条件:15歳以上(高校1年生以上)/どなたでも入学可能
  • 開講日:毎週月曜日(土、日入寮)

授業編成

  • 1日8コマのうち4コマがマンツーマン(フィリピン講師)
  • スモールグループ授業2コマ(フィリピン講師/Philinterレベル301+以上ネイティブ授業申し込み可)
  • ビックグループ授業

特徴

  • 4週間でマンツーマン授業が80時間、毎週計画に基づいた授業が行われます。
  • 学生のレベルと必要に応じた授業が提供されます。
  • 専門分野に特化したコース編成 (リーディング&ボキャブラリー、グラマー&ライティング、リスニング、スピーキング)
  • 実質的な英会話のためのグループレッスン

Intensive Power Speaking コース

Intensive Power Speaking コース

インテンシブパワースピーキングは、日本人が一番苦手とするSpeakingの時間の拡大化、授業すべてが会話と連結しコミュニケーション上達させるために考え出されたコースです。

より話すことに重点をおき1日5コマのマンツーマンで基礎や会話の細かいニュアンスを徹底的に学び、グループ授業で実際のコミュニケーションの練習をして会話能力を集中的に習得できるカリキュラム構成です。

こんな方におススメ!

  • スピーキング力の底上げをしたい方!
  • ある程度、英語の基礎力がある方!
  • ワーキングホリデー準備を考えている方!

重要ポイント

  • 期間:1週間以上
  • 入学条件:15歳以上(高校1年生以上)/どなたでも入学可能
  • 開講日:毎週月曜日(土、日入寮)

授業編成

  • 1日9コマのうち5コマがマンツーマン
  • スモールグループ授業2コマ
  • ビックグループ授業(オプション)

特徴

  • 4週間でマンツーマン授業が100時間受講可能!
  • 学生のレベルと必要に応じた授業を提供
  • 話すことに重点をおいた授業編成
  • 話す機会がより増えたグループレッスン
  • 授業中のプレゼンテーションを通して、自然な発音矯正をすることができる機会を提供

Junior ESL コース

ジュニアコース写真

ジュニアESLコースは年齢が7~15歳(中学3年生まで)の学生が対象となります。レベル試験結果(発音・語彙・文法 ・スピーキング・リスニング・ライティング・リーディング)に基づいてカスタマイズされたクラスです。

一日に4つの個人レッスン、3つのグループレッスンを受講し、 休みの時期には保護者と先生と学校スタッフ3名で定期的に週に1度カウンセリングが実施されております。
特に正確でより自然な発音のスピーキングを集中的に学ぶクラスが開かれます。

重要ポイント

  • 期間:4週~8週間
  • 入学条件:満7歳~15歳(中学3年生まで)
  • 開講日:毎週月曜日(土、日入寮)

授業編成

  • 1日7コマ
  • マンツーマン授業4コマ(フィリピン講師)
  • スモールグループ授業3コマ(フィリピン講師

※入学時期や学生のレベル差により、グループの組み合わせができない場合は、1:1の授業を5時間提供し、少人数のグループレッスンは提供されません。

特徴

  • 効率的な管理システムの下で授業を行うため、Philinterの全体数の10%のみの受け入れをしている。
  • ジュニアコース専門の優秀な講師が担当
  • 1週間に一度アカデミックカウンセリング実施
  • 正確で自然な英語を話すことに重点をおいたスピーキングクラス
  • 学生に合った学習プランと教科書を通して効果的な授業提供

IELTS コース

IELTSコース

IELTSのスピーキング試験官として10年以上試験監督があるネイティブ講師が担当です。

IELTSは、イギリスやカナダなどへ移民をご検討されている方、またイギリス、ニュージーランド、オーストラリアなどへ留学、海外での就職をご検討されている方に最適な試験です。TOEIC科目とは若干特徴が異なり科目は、4科目(listening, reading, writing, speaking)と多く、またモジュールもアカデミックとジェネラルの2つに分かれています.
IELTSコースはIELTSスコアアップを目的に、優秀な教師と10人未満の学生で構成されたコースです。
テスト・評価・フィードバックを通して徹底的な受験戦略と分析スキルを学びます。
現在、フィリンターはIDPオーストラリアから公認されており、コース修了後には、5.5 / 6.0 / 6.5の成績を保証します。

IELTSには、アカデミックモジュールとジェネラルトレーニングモジュール の二つの種類があることをご存知ですか?
Philinterではアカデミック過程の為のコースを開講しています。
2つの違いについてはコチラを参照下さい。→IELTSの種類の違いについて。  

留学期間

  • Foundation IELTS Course: 1~12週
  • Full–Time IELTS Course:点数保証(12週)、点数保証なし(1~12週)

入学条件

Foundation IELTS Course

  • IELTS 2.5/TOEIC 220~300/フィリンターレベル201以上

Full–Time IELTS Course

  • 5.5 クラス: IELTS 3.5/TOEIC 540/フィリンターレベル 201+以上
  • 6.0 クラス: IELTS 5.0/TOEIC 750/フィリンターレベル 301+以上
  • 6.5クラス: IELTS 6.0 所持者

開講日

Foundation IELTS Course :毎週月曜日
Full–Time IELTS Course:本試験10週前の月曜日  

特徴

Foundation IELTS Course

  • 試験の結果によって、Full timeコースに編入できる権利がある。
  • 模擬試験を週1回(平日)に実施

Full–Time IELTS Course(点数保証)

  • 5.5 / 6.0 / 6.5 成績を保証
  • 模擬試験を週2回実施(平日1回/土曜日1回)
  • 本試験費用学校負担(1回のみ)
  • 専門講師陣による受験対策スキルを学ぶ。
  • 目標点数に到達するために個人インストラクターがサポート(バディーティーチャーシステム)の進行(必須参加)
  • 夜間自習参加必須(1日2時間)

Full–Time IELTS Course(一般、保証なし)

  • 模擬試験を週2回実施(平日1回/土曜日1回)
  • 専門講師陣による受験対策スキルを学ぶ

PhilinterでIELTSを勉強する理由

1.学習の質を高めるための学生数の調整
1人1人の学生が必要とする問題をすぐに解決することができる。

2.効率的なアプローチ
IELTSのどの問題が出ても対応できる状況にし、効果的かつ効率的な試験対策を学ぶことができる。

3.万全のサポート
IELTS試験において、最新の試験の動向と情報を維持するために、学生が使える最新のIELTSの教材を保有している。

4.PIC授業(Personalized IELTS Class)
PIC授業は、IELTS試験のために自分のレベルを分析後、IELTSフルタイムの学生に提供されます。

5.エリートバディーティチャー
IELTSを担当するバディーティーチャーのシステム導入

6.徹底的な会話力、作文力についての評価
定期的に担当教師が会話、作文力について評価していく。

7.IELTS スコア保証(ISAF)
授業初日からのコース終了まで学生の実力の向上と成功のための授業を提供。  

Full-Time保証コース学生条件

  • 土曜日の模擬試験を含めて96%以上の出席が必要。
  • 遅刻の回数は規定以上を超えてはならない。
  • 違反した場合は、学生は外出または外泊を禁止し、自習しなければならない。
  • 学生は学校規定に従わらなければならない。
  • 土曜日行う模擬テストの結果の中で最も最近のIELTSのスコアを下回ってはいけない。平均を維持しなければならず、落ちた場合、スコア保証は適用されません。

TOEIC コース

philinter TOEICコース

TOEICとは、英語のコミュニケーション能力を評価するために作られたテストです。最近韓国では就職するためには必須条件といわれるほどTOEICの需要がとても高く、最近は日本でも企業によっては就職時あるいは昇進するための必須条件として取り入れられてきています。

TOEICは、リーディングとリスニングの2科目があり満点は990点。ビジネスの内容などが試験問題に含まれているためTOEICの勉強をすることで実質的な英語からビジネス英語まで幅広く学習することができます。

PhilinterのTOEICコースはTOEICの点数アップを目標として、優秀な教師と10人未満の学生で構成されています。学生は、リスニング・スピーキング・アカデミックリーディング・ライティングスキルをアップさせるために系統的で効果的な授業を受けます。

テスト・評価・フィードバックを通して徹底的な受験戦略と分析スキルを学び、毎週土曜日には模擬試験が実施されます。 コース修了後に600 / 700 / 800の成績を保証します。

留学期間

  • Foundation TOEIC Course: 1~8週
  • Full–Time TOEIC Course:点数保証(12週)、点数保証なし(4~12週)

入学条件

Foundation TOEIC Course

  • レベル条件なし

Full–Time TOEIC Course

  • 600UP クラス: TOEIC 400/IELTS3.0/フィリンターレベル 201以上
  • 700UP クラス: TOEIC 500/IELTS4.0/フィリンターレベル201+以上
  • 800UPクラス: TOEIC 650/IELTS5.0/フィリンターレベル 401以上

開講日

Foundation TOEIC Course :毎週月曜日 Full–Time TOEIC Course:本試験10週間前の月曜日  

特徴

Foundation TOEIC Course

  • 試験の結果によって、Full timeコースに編入できる権利がある
  • 模擬試験を週1回(平日)に実施

Full–Time TOEIC Course(点数保証)

  • 600UP / 700UP / 800 UP 成績を保証
  • 模擬試験を週2回実施( 平日1回/土曜日1回)
  • 本試験費用学校負担(1回のみ)
  • 専門講師陣による受験対策スキルを学ぶ
  • 目標点数に到達するために個人インストラクターがサポート(バディーティーチャーシステム)の進行(必須参加)

Full–Time TOEIC Course(一般、保証なし)

  • 模擬試験を週2回実施(平日1回/土曜日1回)
  • 専門講師陣による受験対策スキルを学ぶ

PhilinterでTOEICを勉強する理由

1.体系的で効果的な教育管理 専門講師陣による分析と戦略によるカリキュラム 

2.優秀な講師陣の集まり TOEIC部門の講師陣が多数 
3.学習の質を高めるための学生数の調整 確実な点数アップのために、優秀な講師と10人未満の学生数で構成。 
4.エリートバディーティチャー TOEICを担当するバディーティーチャーのシステム導入。 
5.徹底的な模擬試験についての評価 模擬試験を定期的に確認し評価していき、保証点数の600~800以上になれば修了。 

6.TOEICスコア保証(TSAF) 授業初日からのコース終了まで学生の実力の向上と目標成績を収めるための授業を提供。  

Full-Time保証コースの学生条件

  • 土曜日の模擬試験を含めて96%以上の出席が必要。
  • 遅刻の回数は規定以上を超えてはならない。
  • 違反した場合は、学生は外出または外泊を禁止し、自習しなければならない。
  • 学生は学校規定に従わらなければならない。
  • 土曜日行う模擬テストの結果の中で最も最近のTOEICのスコアを下回ってはいけない。平均を維持しなければならず、落ちた場合、スコア保証は適用されません。

Business コース

フィリンター ビジネスコース

ビジネス英語コースは、英語を使う仕事場や多国籍企業で働く方の為のコースです。学生は専門の先生から、仕事に必要な基本的なスキルを学ぶことができます。

留学期間

  • Basic Business: 4週
  • Advanced Business:4週
  • Premier Business:4週
  • Focus Business:2週

入学条件

  • Basic Business:TOEIC 250/IELTS3.0/フィリンターレベル 201以上
  • Advanced Business:TOEIC600/IELTS5.0/フィリンターレベル 301以上
  • Premier Business:TOEIC600/IELTS5.0/フィリンターレベル 301+以上
  • Focus Business:TOEIC400/IELTS3.5/フィリンターレベル 201+以上

開講日

  • Basic Business:毎週月曜日
  • Advanced Business:毎週月曜日
  • Premier Business:毎週月曜日
  • Focus Business:毎週月曜日

コース紹介

1. Basic Business
初中級レベルの学生のためのコースです。
• 会社内で、業務的な会話を進めすることができる基本的なスキルを学ぶことができます。
 
2. Advanced Business
中級、上級レベルの学生のためのコースです。
• 仕事場で必要とされる応用スキルを効率的に学べます。
 
3. Focus Industry
ビジネス英語を勉強したいが、忙しくてなかなか長期滞在ができない会社員(中級以上のレベル)のための短期集中コース。
• このコースでは、業務に関連した基本的なスキル、専門領域に関連する単語や基本的な能力を学ぶことができます。
 

コース名ベーシックビジネスアドバンスビジネスフォーカスインダストリー
期間4週(毎週月曜日)4週(毎週月曜日)2週(毎週月曜日)
必要なレベル201+
IELTS 3.0/ TOEIC 250
301
IELTS 5.0/ TOEIC 600
201+
IELTS 3.5/ TOEIC 400
授業構成
マンツーマン
授業
スピーキング:
仕事場で使う英語
ライティング:
*文書作成
Focus Study1:
仕事で使う英単語
リーディング:ビジネス単語リーディング:ビジネス単語Focus Study2:
仕事で使う英単語
リスニング/グラマー: 1on1選択授業2コマ
(下記参照)
Writing:文書作成
発音: スピーチ授業選択授業:1コマ
(下記参照)
スモール
グループクラス
リスニング: BBC / CNN
/ ドキュメンタリー
リスニング: BBC / CNN
/ドキュメンタリー
グラマー
スピーキング /リスニング:
ビジネス英会話
スピーキング / リスニング:
ビジネス英会話
スピーキング/リスニング:
TOEICスピーキング
リーディング / ライティング:
リサーチと報告
ライティング / スピーキング:
* プレゼンテーション
発音
ビッグ
グループクラス
プレミアムイングリッシュプレミアムイングリッシュプレミアムイングリッシュ

特徴

  • The RIGHT Class Mix

マンツーマン授業とスモールグループクラスではビジネスの世界において必要なスキルを得られます。

  • TASK-BASED Lessons

学んだスキルを身に着けるための 実践的な授業です。

  • SPECIALISED Vocab for INDUSTRY

専門分野に合ったボキャブラリーを学ぶことのできる授業を含みます。 (例: 営業、会計、医療など)

  • PERSONALISED to suit PERSONAL NEEDS

それぞれの要望に応じたマンツーマン授業を学生が選ぶことができます。

  • INTERNATIONAL Level Standards

学習目標とレベル設定はヨーロッパの審議会とケンブリッジ大学によって定められたCEFRレベルシステムに基づいています。

Advanced Business &Focus Study Industries

マンツーマン選択授業
 

* 履歴書作成、面接対応 (2~4週間)
* グラフ作成 (2週間)
* 会議、交渉 (2~4週間
* 電話対応 (2~4週間)
* スピーチクラス (4週間)

 
Foucus Study

職場で使う英語
事務、営業
経理、財務
医療
IT、その他

最終課題

コース終了時に課題を達成しなければいけません。教官によりその課題が点数で評価されます。

学習の結果

このコースを修了した学生は:
・ビジネスの場において自信を持って英語を書いたり話したりしてコミュニケーションを取ることができます。
・英語を使う仕事で能力を発揮することができます。
それぞれの職場において英語を話す様々な文化の人たちと交流することができます。

証明書

ビジネスコースを修了した学生には証明書が与えられます。証明書に最終的なレベル、能力のリスト、点数などが記されています。

コース料金

フィリンターの留学費用はコース料金+お部屋代+入学金¥15000円です。

費用に含まれるもの

  • 授業+宿所+食事(平日3食、週末・祝日2食)+掃除+洗濯
  • インターネット使用、その他学校施設利用

授業料・滞在費(内部ドミトリー)(4週基準)

 

philinter pricelist

LINEで相談する

メールで相談する

その他費用

学校到着後、現地で直接支払う費用は下記の通りです。

※現地費用の一部を渡航前に日本円でお支払いすることも可能です。ご相談ください。

       費用内容・備考
SSP発行費用6500ペソSSP(Special Study Permit)は、フィリピンの学校で勉強する為の許可証でビザとは別のものです。最大半年間有効です。フィリピン留学生全員が支払います。
ビザ延長費用右記参照

・30日以内の滞在→0ペソ(日本国籍の方)
・5~8週: 3,640ペソ
・9週~12週:9,060ペソ
・13週~16週:12,000ペソ
・17週~20週:15,450ペソ
・21週~24週:19,400ペソ

ACR I-card3,500ペソ外国人登録身分証明カード。
9週間以上の滞在する人のみ支払います。
寮保証金4,500ペソ

4週=4,000ペソ,8週=5,000ペソ,
12週=7,000ペソ,16週=9,000ペソ,
20週=11,000ペソ,24週=12,000ペソ

電気代及び寮施設物に以上がない場合、電気代を控除した金額が払い戻しされます。

IDカード
250ペソ2枚発給(1枚は学校外にて証明書として使用可)
1枚は必ず学校内で着用する。
管理費300ペソ/週 
電気料金1,800ペソ/4週65KW以上の使用量に対し15ペソ/1キロの電気代付加。
寮保証金から差し引かれます。
水道料金800ペソ/4週一括払い(研修期間によって異なる)
教材費150~500/冊レベルテストおよび授業によって異なります。
空港ピックアップ
800ペソ(土日)
1,200ペソ(平日)
空港でフィリンタースタッフによる出迎えサービス。

留学相談・お見積もり

この学校についての留学相談・お見積もりはこちらから

ご不明な点がございましたら下記問い合わせよりご連絡ください。

LINEで相談する 

メールで相談する

ceburoad line@

目的別の学校をお探しの方はこちら

セブロードでよく見られているセブの語学学校

Philinter(フィリンター)セブの語学学校情報・マクタン島
STARGATE GLOBAL EDUCATION セブの語学学校情報・セブシティ
CEBU BLUE OCEAN ACADEMY セブの語学学校情報・マクタン島
タイトルとURLをコピーしました